昆布屋さんドットコム

北海道から昆布、がごめ昆布の情報を中心に、気になる商品の情報などたくさんお届けします。

昆布レシピ

楽しい昆布レシピ

昆布の使い方と言うと、真っ先に何を思い浮かべるでしょうか。
やはり、おでんやお鍋の「だし」を思い浮かべるのではないでしょうか。
ふりかけ、とろろなども思い浮かぶかもしれません。
昆布はだしとして使う以外にも実は様々な使い方、食べ方があります。
昆布やがごめ昆布などを使用し、ご家庭でも簡単にできる楽しい昆布レシピをご紹介します。
随時このページでご紹介させていただければと思います。

だしを取った後の昆布を使った昆布佃煮レシピ

だしを取ったあとの昆布の始末に困ったことはありませんか?
このまま捨てるのももったいない、かといって使い方がわからない・・・などなど。
こちらのお料理は、だしを取ったあとの昆布を使用します。

使用材料

●だしを取ったあとの昆布 25g
●しょうゆ 大さじ1~2
●みりん 大さじ1~2
●酢 大さじ1弱
●かつお節 適量

作り方

だしを採った後の昆布を使うなら、佃煮がナンバーワン!
とっても美味しくご飯がススム!
昆布は1~3cm角の大きさに切り、フライパンで各調味料を加えてさっと炒めます。
全体に調味料が行き渡りましたら、かつお節を入れてからめたらオリジナル昆布佃煮の完成です。
スムーズなら10分もかからず完成できます。
お好みで、唐辛子も入れて一緒に炒めると、ピリ辛佃煮にもなります。
お酒のおつまみや、ご飯のお供にピッタリのお手軽料理です。

昆布佃煮

昆布でだしを取ったひじきの煮物

通常の昆布の他、根昆布でもOK。
ひじきを使用して煮物を作りました。

使用材料

●ひじき(乾燥) 30g
●油揚げ 1〜2枚
●にんじん お好みの量
●こんにゃく お好みの量
●枝豆 お好みの量
●水 1カップ
●だし汁(根昆布10〜15cm、鰹節またはだしパック)
●砂糖 大さじ1
●酒 大さじ1
●みりん 大さじ1
●しょう油 大さじ2

作り方

根昆布と、ひじきを使用しましたが、もちろん通常の昆布でもOKです。
ひじきは30gほど使用しておりますが、お好みでご調整ください。
ひじきは水で戻し、ざっと洗って水を切っておきます。
10〜15cmほどの根昆布と鰹節(またはだしパック)を熱湯で煮て、だし汁を作ります。
油揚げ、にんじんなど、細切りにします。
だし汁に、ひじきやにんじん、油揚げなどの具材を入れて煮込む。
ここで調味料も入れます。
汁が少なくなるまで煮て、味が染み込んだらできあがりです。
だし汁に根昆布を使用することで、まろやかな口あたりを味わえます。

ひじきの煮物

応用編

ひじきを使わずに、だしを採った根昆布をそのまま具材として使用した煮物はこちらです。
だしを採った後の根昆布は、1センチ程度にカットします。
れんこんに、しいたけを加えると香りも豊かな美味しい煮物が完成しました。

根昆布を使った煮物

スポンサードリンク

スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 昆布屋さんドットコム , 2018 All Rights Reserved.