昆布屋さんドットコム

北海道から昆布、がごめ昆布の情報を中心に、気になる商品の情報などたくさんお届けします。

健康食品としての昆布

健康食品としての昆布

昆布はカラダにイイんです

「昆布が体に良い」というのはみなさんご存知かと思います。
しかし、具体的にどんな感じで体に良いのか、何に効くのかわからない方が多いのではないでしょうか。
いくら体に良くても食べた方や採り方がわからないという方もいらっしゃると思います。
昆布屋さんドットコムは、健康食品としての昆布を推進しています。
昆布の効能、食べ方などについてお話します。

健康食品

全身の免疫力を深めるフコイダン

生の昆布を触ったことがある方はいらっしゃるでしょうか。
その表面には独特の「ヌメリ」があり、素手ではなかなか持ちづらいものです。
表面にキズがつくと、そのヌメリの正体である粘り成分が溢れ出してきます。
これが昆布が自分の身を守るためのフコイダンです。
表面についたキズなどを修復する作用があります。
これが人間にも効果があると言われています。
免疫力を深める効果、がんの抑制、肝機能を高めるなど、その効果は抜群だと言われています。
特にがごめ昆布にはフコイダンが多く含まれており、がごめ昆布は一時期大変な人気になりました。

g02-003

豊富なミネラル、カルシウム、鉄分

昆布に含まれるミネラルはなんと牛乳の約23倍の量が含まれています。
カルシウムは約6倍、鉄分に至っては約39倍もの量が含まれています。
私達は幼い頃は「カルシウムで骨が丈夫になるから牛乳をたくさん飲みなさい」と言われてきました。
実際はその牛乳よりもさらに豊富にカルシウムが含まれているのが昆布なのです。
人間にとって、昆布の栄養の吸収率は非常に高く約80%も吸収されます。
それは、他の食品に比べても効率よく栄養を体内に取り込めることを意味しています。

牛乳

高血圧、糖尿病予防

昆布にはアルギン酸と言われる水溶性食物繊維が豊富に含まれています。
便秘解消やコレステロールの改善に効果があるとされています。
また、人間が多く採り過ぎた塩分を体外へ排出する効果もあるとされており、高血圧予防にも期待できます。
昆布に含まれる他の水溶性食物繊維にも血糖値を抑える効能も見られるとのこから糖尿病予防にも最適です。

高血圧、糖尿病予防

美容に最適なヨウ素(ヨード)

人間の新陳代謝を活発にする働きのあるヨウ素が昆布には豊富に含まれています。
ヨウ素は甲状腺ホルモンの原料になります。
甲状腺ホルモンが不足するとお肌のカサカサの原因になりますが、ヨウ素は美しい肌を保つためにとても役立ってくれるのです。

昆布は美容にも効く

密かなブームのガニアシ

昆布には仮根(かこん)という根っこから生育して育ちます。
この仮根を「ガニアシ」と言います。
ガニアシには、フコイダンが豊富に含まれていることが判明し、話題になりました。
健康食品として顆粒、錠剤、カプセルタイプで販売されているのもこのガニアシです。
ガニアシは、硬くて異物も多いために食用としては大変難しく、私達の故郷の北海道道南の南かやべ地区でも廃棄処分されてきたと聞いています。
今は健康食品として非常に高価で販売されているので驚きですね。

ガニアシ

健康食品としての昆布の食べ方、採り方

ここまで読んでいただくと昆布に栄養が豊富だということがおわかりになったかと思います。
では、その昆布をどうやって食べたり、採ったらいいのか??という疑問が沸きます。
少し前に話題になったのは「昆布水」です。
これは根昆布などをお水に浸して、飲料として摂取するものです。
昆布は水に浸けておくと粘り成分が出てくるので、それを摂取します。
ただ、人によってはこの粘りが苦手という方もいらっしゃいます。
そういう場合は粉末タイプをオススメします。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 昆布屋さんドットコム , 2018 All Rights Reserved.