昆布屋さんドットコム

北海道から昆布、がごめ昆布の情報を中心に、気になる商品の情報などたくさんお届けします。

函館 南かやべのご案内

函館の夜景

私達の生まれ故郷は、北海道道南にある函館です。
そして、私達がイチ押ししている真昆布、がごめ昆布は、主に函館市南かやべ地区(特に尾札部町)で生産・製造されています。
南かやべは伝統の白口浜真昆布やがごめ昆布の名産地として知られます。
函館、そして南かやべとはいったいどんな町なのでしょうか。
少しばかり、ご紹介させていただきたいと思います。

ロマン都市 函館

函館市は観光都市として知られ、毎年全国から多くの観光客が訪れる街です。
温泉街、五稜郭、赤レンガ倉庫など見どころはたくさんあります。
しかし、街としては雇用の場が少ないことなどから、若者を中心に市外へ流出しており、人口減少が続いています。
近年はやや活気が失われつつあるのが残念です。

函館の夜景

函館と聞いて真っ先に思い浮かべるのはなんでしょうか。
おそらく、多くの方が「夜景」と答えるのではないでしょうか。
昔から100万ドルの夜景と親しまれ、その美しさはまさに絶景。
夜景を見るために毎年多くの観光客が国内外から函館に来るそうです。
私は2回くらいしか行ったことありません。
案外、地元に住んでいると、いつでも行けるという気持ちがあってなかなか行かないかもしれないです。

函館の夜景

函館金森赤レンガ倉庫

ご存知、函館の歴史的建造物です。
中はショッピングモールになっており土産品などお買い物できます。
観光客が必ず立ち寄るという観光名所となっております。
地元に住んでいる人達にはデートスポットとしても親しまれています。
新鮮な海産物が買い放題なのはもちろんですが、目の前には海があり、雰囲気は素晴らしい。
このあたりは冬になって雪が降るととてもキレイです。

函館金森赤レンガ倉庫

函館八幡坂

こちらも函館の観光を語るうえでは欠かせません。
観光客は必ず立ち寄るでしょう。
この坂の上から眺める景色は美しいのひとことに尽きます。
なんでも恋人と手をつないで写真を撮ると幸せになれる・・・とか伝説もあります。
観光客の方、カップルの方、ぜひ行ってみてくださいね。
ちなみに坂はかなり急なので、車で登ろうとするとかなり怖いです。

函館八幡坂

函館朝市

早朝から大賑わいの函館朝市です。
函館の海産物が食べたかったらここに行けば間違いありません。
テレビでもよく取り上げられるのでかなり有名です。
一般客のみならず、地元の小売業者さんも買い付けに来たりします。

函館朝市

函館海産物

朝市の次に来るのはやっぱり海産物。
イカ、イクラ、えび、ウニ、なんでも美味い!
もちろん、昆布も美味い!
ちなみに私が1番好きなのはイカです。
やっぱり函館のイカは透明でシャキシャキっとしており、歯ごたえもあって最高なのです。
イカ刺しさえあれば、ご飯5膳は食べれます。

函館海産物

真昆布のふるさと 南かやべ

南かやべは、函館市街地から車で約30分ほど走らせた場所にある地域です。
もともとは独立した町でしたが、平成17年〜平成18年にかけてピークとなった「平成の大合併」のさなかに函館市と合併しました。
この合併には反対派も多かったと聞いています(私も反対派でした)。
漁業中心の町で、ほとんどの世帯が何かしらの漁業に関わっています。
しかし、漁業就業者も高齢化しており、後継者も不足しているため減り続けており、このままでは昆布を生産する人がいなくなってしまうのではないかと心配する声も聞かれます。

南かやべ 昆布

前述した通り、南かやべはもともと南茅部町という町でしたが函館市と合併して町名そのものはなくなりました。
しかし、「南かやべ」という地域の名称として今もなお親しまれております。
南かやべは養殖昆布発祥の地であり伝統の白口浜真昆布の産地です。
特に尾札部産真昆布は逸品とされております。
だし昆布としてはもちろん、昆布佃煮、がごめ昆布、昆布ふりかけ、どんなレシピにも使える万能昆布です。

南かやべ昆布

縄文ロマン 南かやべ

南かやべは献上昆布の町、真昆布の町として有名ですが縄文文化も大変な話題となっております。
この地域では縄文時代の貴重な遺跡が次々と発掘されています。
この写真は国宝とされる「中空土偶」です。
縄文文化交流センターで展示されており、実物を見ることができます。
少し前に、「縄文ロマン道の駅」もできました。
お車で南かやべへお立ち寄りの際はぜひ行ってみてください。

縄文ロマン南かやべ

南かやべ ひろめ祭り

この南かやべで毎年夏におこなわれるお祭りです。
漁師さん達による漁船を使ってのレースは迫力満点。
漁火パレード、花火など大変盛り上がります。
私はもうかれこれ10年以上行っておりませんが、毎年夏になると懐かしくなります。
夏に北海道旅行や道南へドライブをする際は、このひろめ祭りもご覧になってはいかがでしょうか。

南かやべひろめ祭り

昆布屋さんドットコム

さて、ラストを飾るのが昆布屋さんドットコム。
もともとは昆布の加工、卸売店として運営されていましたが、インターネット上で独自の活動をしています。
昆布を広めるために活動しています。
これまで多くの職人さん、漁師さん、多くの人の協力のもとで運営してきました。
人に、海に、自然に、お客様に、感謝しつつこれからも運営していきます。

がごめ昆布

スポンサードリンク

スポンサードリンク

更新日:

Copyright© 昆布屋さんドットコム , 2018 All Rights Reserved.