昆布屋さんドットコム

北海道から昆布、がごめ昆布の情報を中心に、気になる商品の情報などたくさんお届けします。

昆布の話題

昆布干しのアルバイト 2017

更新日:

昆布のアルバイトといえば、北海道利尻町の昆布干しアルバイトが有名です。
毎年、利尻町のホームページには昆布干しアルバイト募集のお知らせが掲載されます。
平成29年度の募集もさっそく始まっておりますよ!
気になる人はぜひチェックしてみてください!

利尻町 昆布干しアルバイト募集のページ

スポンサーリンク

スポンサードリンク

興味深い利尻町の昆布干しアルバイト

利尻町の昆布干しアルバイト募集のページをみると、とても興味深いです。
期間は当然ながら夏季限定で2017年は6月15日~8月10日迄の期間中となっております。
ただし、条件があって、「1ヶ月以上従事できる方」となっています。
年齢は18歳以上の男女で、大学生も歓迎となっています。
もちろん、昆布漁は天候などに左右されることもあり、延長の場合も有となっています。

気になる仕事内容と給料

作業内容としては以下の通り。

1.利尻昆布干し(天日乾燥)及び回収作業
2.製品(昆布)づくり作業

仕事内容の1と2では時給が異なり、1は時給1,000円~1,600円となっているのに対し、2は時給800円になっています。
昆布干しは朝も4時から開始ととても早く、ハードなこともあって時給は高いですね。
製品づくり作業は、どういうことをするのかわかりませんが、こちらは時給は低めとなっています。

意外にハードな昆布干し作業

北海道道南の函館市南かやべでは、昔は昆布干しというと天日干しが普通でした。
砂利などの上にひたすら昆布を並べて乾燥させるのです。

ところが近年、機械を使って乾燥させる「乾燥場」を利用する漁師が多くなり、天日干しはあまり見かけなくなりました。
乾燥場を利用すると、天日干しに比べて時間短縮ができるということと、天候にも左右されないというメリットがあります。
雨の日でも昆布を乾燥させることができるわけです。

ただし、乾燥場を利用した昆布は、天日干しに比べると昆布の味が落ちる、という話も聞いたことがあります。
なんでも、乾燥しすぎると昆布が黒々として、味が落ちてしまうようです。
その点、天日干しした昆布は、昆布本来のやや茶色がかった色が残り、本来の味を楽しめるようです。
利尻町の昆布干しアルバイトでは「昆布干し(天日乾燥)」と書いてあるので、基本的に天日乾燥しかしないのでしょう。
これは素晴らしいと思います。

ただ、この天日干し作業。
ひたすらかがんで砂利の上に昆布を並べるので、腰にキます。
腰痛がある方は要注意です。

宿舎寝具も完備といたれりつくせり。

さて、この利尻町の昆布干しアルバイト。
休日は4週4休で、宿舎寝具も完備。
夏休みなどにひと稼ぎしたい学生、思い出を作りたい、漁業を体験してみたい、という方には最適ですよね。
応募したい方はさっそく履歴書を送ろう!

利尻町 昆布干しアルバイト募集のページ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-昆布の話題
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 昆布屋さんドットコム , 2018 All Rights Reserved.