昆布屋さんドットコム

北海道から昆布、がごめ昆布の情報を中心に、気になる商品の情報などたくさんお届けします。

店長ブログ

函館南かやべにて昆布漁の視察

更新日:

こんにちは。
いつも昆布屋さんドットコムをご覧いただきありがとうございます。

私、店長は2週間ほど北海道道南の函館市南かやべ尾札部町にて、養殖昆布漁、天然昆布漁の視察をしておりました。
おかげでブログもご無沙汰になってしまい、申し訳ありません!!
普段は静かな南かやべ尾札部町も、やはり昆布漁解禁すると途端に町に活気が溢れます。
子供からお年寄りまで、昆布作業に精を出す光景は、とても素敵なものです。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

真昆布、がごめ昆布は今年は豊漁、質も最高

みなさんが気になっているのは、「今年の昆布の質はどうなんだ?」ということでしょう。
ズバリ、今年の白口浜真昆布、がごめ昆布の「質は最高に良い」です!!
身も厚く、素晴らしい状態です。
きっと良い「だし」が採れるでしょう。

天然昆布も豊漁

天然昆布漁も、連日の大漁豊漁です。
天然は序々に水揚げは減っていきますが、それでも昨年に比べて大漁なのは間違いありません。

今現在、水揚げしている昆布が出荷されてみなさんがお召あがりになれるのは、冬から春にかけてでしょうか。
早ければ、秋には新物の取り扱いをするかもしれません。
どうぞお楽しみにしていてください。

昆布漁の朝は早い

昆布漁の朝は3時頃から始まります。
朝方は養殖昆布の水揚げと、天然昆布漁の水揚げがあり、朝はとにかく大忙しです。
水揚げした昆布を洗浄して乾燥場に干した後は、ゆっくり食事を採って少し休憩することはできます。
このときに、お昼寝したほうがベスト。
午後になると昆布が乾燥し始めるので、乾燥が終われば集めます。
それ以外にもいろいろ作業はありますが、だいたいそれらの作業が終わるのは夕方5時〜6時頃でしょうか。
昔はその日のうちに昆布折り作業もおこなっており、夜通し作業していたことも多かったのですが、今は夜に作業することはほとんどありません。
昆布折り作業は、昆布漁が完全に終了した秋になってまとめてすることが多くなりました。
昔は朝3時に起きて夜10時〜11時まで作業していたこともあり、それに比べてずいぶん楽になりました。

漁師の休日

天然昆布漁は悪天候や海の状態が悪いと中止になることもありますが、養殖昆布漁は基本的によほど海が大荒れにならない限り中止になりません。
お盆に1日〜2日ほど漁が全面休みの日がありますが、それ以外は休みなしです!!
ハッキリ言って、体力がないと大変です。
作業そのものは家族でのんびりおこなっておりますが、力仕事も多く、大変な仕事です。
逆に、この仕事をしていると力がつくのではないでしょうか。

視察を終えて

2週間の視察を終えましたが、町は活気に溢れており、私も「頑張って販売しよう!!」という気持ちがより一層みなぎってきました。
私も現地の作業にも参加しましたが、慣れるまでは疲労を感じるかもしれませんが、数日続けていると朝の早起きも慣れます!!
その変わり、夜は8時頃には激しい睡魔に襲われますが。
文章で書くとかなりキツそうに思われるかもしれませんが、実際体が慣れるので、気にならなくなります。
この磯の香りは、本当に懐かしく、私の幼少の頃をよく思い出します。
南かやべ尾札部町の白口浜真昆布、がごめ昆布をどんどんいろいろな方に使っていただきたいなあと思っています。

今後とも、北海道の昆布、がごめ昆布の情報サイト 昆布屋さんドットコムをどうぞよろしくお願いいたします。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-店長ブログ
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 昆布屋さんドットコム , 2018 All Rights Reserved.